上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
やほ

馬場よ

最近驚いた話を思い出したのよ。



おれはある研修に参加してたのね。
約一ヶ月間。
全員おれの知らない人が集まった研修。
研修を受ける人も、講義する人も全員初対面。
意外と言われる事もあるけど、おれは初対面が結構苦手。
しかも大勢集まるとなおさら自分から話したりしようとする気は起きなくなるのさ。
おれが人一倍それが強いと言う気はなくて、きっと誰しもそういう部分は持っていると思うのよね。
かと言って特別仲良くしないと死んじゃう症を患っている訳でもないから、そういうもんだ、と思って研修を日々受けていたの。

研修も2、3週間経ってやっとその場所にいること自体には慣れてきた頃、それは起きたのよ。
その日も相変わらず会話らしい会話も無く、黙々と過ごしていたのさ。
そして18時。研修終了時刻。
講義してくれている人が言ったんよ。
「先ほど休憩室の電気がつきっぱなしになっていました。どなたがされたかは分かりませんが、皆さんもそろそろ慣れてきた頃でしょうが気をつけましょう」
てな具合な注意。よくある話だなー、と漠然と聞いていた。おれ休憩室使わないし。

そしてその後おれの所属するグループの終礼があってね。
そのリーダーさんが言うのさ。
「先ほど注意もあったように私たちも気をつけましょうね。研修中の私語も最近は少し気になってきました。他にも研修受けられている方もいるので慎むようにして下さい。研修もだいぶ進んで皆さんもだいぶ仲良くなってきたのは分かりますが、云々」


「研修もだいぶ進んで皆さんもだいぶ仲良くなってきたのは分かりますが・・・」



「仲 良 く な っ て き た の は 分 か り ま す が ?!」

それは初耳だ!

あーびっくりした。おれもいつの間にか仲良しになってるかと思ったよ笑





こんな感じですが、割と楽しみを少しずつ見つけながらやってます。

おれの隣に座ってたふとっちょさんは一日5回くらいギャッツビーのウェットティッシュみたいなやつで顔を拭く。
汗かいたら大きいタオルで顔を拭く。
顔拭き過ぎ。肌荒れちゃう。

そのとなりの人はズボンのおしりが破けてる。
パンツと生尻が見え隠れしていたアクティブボーイ。

反対の隣の人はマイクに口が近過ぎていつもローファイな歪みを混ぜてる。

講師の人はこの前ミッキーの柄が少し入ったYシャツ着てた。
















はい。んなところで。まだまだ寒いですね。

インフルエンザもまだ健在みたいです。

ご自愛下さい。

おれレコーディング頑張る。

自分の歌が最近やっとこさ少し分かってきた気がするんだ。

ほなー
ども。
馬場です。

最近はウタノマニマニはレコーディングをしおてります。
いつ、どっから出すとかまだはっきりと確定はしてないから大々的に言うのも憚られるのだけれど、2日目にして結構いい手応えで早く皆に聞いて欲しいという気持ちが強く生まれてきております。

今回はまだライブでやってない曲も結構録ってるのよ。
楽しみにしててね。

さらに言うとライブで再現不可能なことにも挑戦したくて、というか「バンド」という形では表現出来ない方法もやってみたいという「好奇心」ってやつね。
より自由に、という「欲」ね。
皆が自宅でスピーカーやヘッドホンで聞くと言う環境を最大限に面白くしようという「試み」といえばいいかしらん。
それでいて前回以上にメンバーの呼吸も見えるような音像にしたいと、贅沢な事を思っている訳です。

パーカッションを入れたり、打ち込みの音を入れたり、録った後にエフェクトを入れたり、キーボードの入ってないツインギターの曲を入れたり、とね。(おれもギター弾く^^!!)
なかなか面白いことになりそうよ。


おれっち馬場はベーシストだからね、ベースのお話。
前回のレコーディングでは「ベース単体としての音」に関してはエンジニアさんの判断に重きを置いて、あまり注文つけなかったのね。
んでも今回はそこもしっかりイメージを強く持って注文していこうという気持ちで入っております。
ドラムの音の事は前から大好きだから一杯意見を言っていたんだけどね。そこにさらにベースの音のイメージもしっかり持っていけば結果的に全体の音も思ったように作っていけるのではないか、といった発想よ。

てなわけで今回のレコーディングで使っているベースはメインがfenderのcostom shopの'62ジャズベとUSAのヴィンテージのプレベ(ex,pegmapの冨田にまだ借りてるやつ)の2本。1曲だけエキゾチックの5弦をタク(ex.sur)から借りて録ってます。
前回はジャズベだけでやったのよね。

ベースが変われば音も変わる。
んで曲によって弾き方も変えてる。あとケーブルもだな。belden8412とオヤイデPA02とQAC202だと思う。
PA02が1番出番が多い。豊かですわ。
でもエフェクターはほとんど使ってない感じ。ここ最近弾き方で本当に色んな音がするって実感があるから、それをどこまで自分でコントロールできるかって挑戦よ。指弾きもタッチや弾く場所を変えたり下手なタッピングしたり。ピック弾きもするし。
んでDIもたぶん最後まで同じのを使うかもだな。このDIはカッシーからの借り物なんだけどすこぶるいい感じ。ひたすらおれ好み。studio projectsってとこのVJB1って名前だったかな?真空管がJJってとこのかっけーやつに替えられてんの。
あ、でも真空管がキモってわけでもなくてさ。こいつのソリッドステートの部分がそもそもイカす感じ。

これらを程よくチョイスして目指すはかっこいい「生ベース感」。
まだまだ録りは続くから頑張るよ。

んでまたなにより歌があるし!
そっちの方がナーバスになっちゃう笑
バーバスになっちゃう。




はてさて、話は変わってお肌の話。

最近おれは使いだしたのよ。

「ニベアの青缶」をね。

そもそもはくるぶしが固くカサカサになって恥ずかしいってとこだったんだよね。
おれ普段冬なのにくるぶし出すようなズボーンの、オズボーンの履き方が好きだから見えるのよ。くるぶし。
そこでいよいよケアをしなくてわ、30歳だし。ということでお手入れ用品を探してた時に見つけたのが「ニベアの青缶」

青缶ってね、文字にするといいけど外ではなかなか口に出しづらいのでただ「ニベア」と言っているよ。

なんでニベアにしたかってーと、まず「安い」!!

169gで500円しなーい!
安いとこなら300円台!いえー!
塗り惜しみなしよ!

それと割と好きな「匂い」でいて、さらにそれがあまり強くない。
これって結構大事だよね。

そしてインターネットによる無駄な知識笑!
これが本当に爆笑ものなのよ。
「ニベア」で検索したら色々出てくるから見てみ〜

例えばココかな?

”ニベアって“顔のスキンケア”以外にもめっちゃ使える!”

①「お尻がキレイに!」

早速意味&本末がスッ転んでるところからのスタート笑

②「妊娠線予防に!」

はい。

③「 ヘアケアに!」

えー!?てなるよね笑

④「スタイリングに!」

さすがにないわー笑

⑤「おへそケアに!」

ただのへそ掃除。

⑥「耳のケアに!」

いや、だからさー笑

⑦「ネイルケアに!」

ほへー

⑧「足先のケアに!」

お、コレコレ!
ってやっと普通の事でてきたかー笑

⑨「かかとケアに!」

これ⑧と分ける必要あったかな?笑

⑩「まつげが伸びる!」

スカルプもまっさおだな。

⑪「リップケアに!」

まじかよ。。

⑫「花粉症のカサカサに!」

。。。

⑬「鼻血に!」

え!?どゆことー?!笑
もはやオロナインと同格レベル。

⑭「シェービングクリームとして!」

凡庸性はんぱねぇ・・・

⑮「革製品のお手入れに!」

もはや凡庸性っていうか笑




ってな具合ですごいらしいんだよ、ニベア笑!!!


他にも色んなサイトとかで高級スキンケア用品との比較とかしてたり、効果的な使用方法を紹介してたりとかなり人気&話題な様子だよ。

実際使ってみたらくるぶしの調子がすこぶる良くなったからすごく印象が良いよ。
ついでに色んなとこに塗りだしたら結構いい感じ。
最終的にはほぼ全身塗るレベルに笑!
こうなったら風呂上がりの俺を、串カツよろしく、1回ニベアに「くぐらせた」方がいい笑
「2度付け禁止よ♡」ってやかましいわ!

うぇーい

ま、ともかく今おれはニベア信者に成り下がっております。
塗ってすぐはちょっとベタつくけど、ちょっとしたらすぐサラサラになるからよ、気にすんなよ。
あ、もし使うならね。
ニベアは元々ドイツの会社で作られたもので、「雪のように白い」って意味なんだってさ。
あら素敵。
あの缶のデザイン性の高さも購入のきっかけよね。
ニベアブルーはとってもかっこいい。
ロゴもほぼ「IKEA」みたいな感じで親しみ易い。
あ、ヨーロッパ的なアレがアレなのかな?どーかな?

チューブよりも缶。ボトルよりも缶よ。
これは圧倒的デザインの差。
内容の差は知らないよー

でも暮らしにおいてデザインって大事だよね。
「デザインとは機能に限りなく近いファクターである」とか誰かどっかのエラい人が言いそうだね。

賛成するよ、どっかのエラい人!



よし!お尻もキレイになるか試すかな〜!
そしたらお尻をキレイにしたい女子!
カモン!
おれ!塗るよ!

ほなまた〜!

ども

馬場です。

寒いですがやってきました2014年。午年。

午年は何かを習得するのに良い年だって言われてるみたいだよ。
なにか習い事をしたり、ダイエットを始めるのにも良いとされてるとな。

心当たりのある人はこいういう謂れをきっかけにするってもひとつのチャンスだよね。
結局は自分の気持ち次第だけど、こういうものがその気持ちを後押しするってことも多々あるからじゃんじゃん乗っかりましょう。誰もあなたの邪魔もしないし救わないもんね。素晴らしい。




てなわけで新年らしく餅つき大会やってきましたわ!@下北沢ERA。

臼と杵もレンタルしてさ。おっ!って思えるようなヤツ。


イベント開催のきっかけは、ある時チーナのライブを見に行った時に楽屋で椎名ちゃんが「馬場君餅つきやりたくない?」と言い出したのが発端。
なんやかんやあっておれが場所とものの手配をすることになったのよ。

椎名ちゃんのそういうところ天才的だよ笑
まったく敵わない笑

んで、7日にやったわけさ。

その模様を画像で貼っておきますね。
友達の写真など勝手に拝借するけど友達だもん、許してね♡



IMG_2344.jpg

看板まで出ちゃってますね。いい感じに。
まじでERA様に大感謝。
こんなあほっぽいイベント快諾してくれるとこ、あんまないよ笑



IMG_2351.jpg

この日の主役様。
ミラーボールが回って久保田利伸が流れる会場でひと際スタイリッシュに悠然と佇んでおられました。



IMG_2314.jpg

うぇーい!



IMG_2354.jpg

蒸し上がったもち米をコネる。コネコネ。
この業界コネてばっかですか?ちがいますか?すいません。



IMG_2360.jpg

イズナのしゅんちゃんもコネまみれ。やだやだ。



IMG_2356.jpg

チーナのSIVAちゃんが撞いてます。



IMG_2361.jpg

椎名ちゃん。
なかなかやりおる。。。



IMG_2358.jpg

餅つき大会とは「誰が1番餅つきを楽しんだか」を競う大会です。
負ける気がしない。




出来上がったもちは「あんこ」「きなこ」「大根おろし」「そぼろ納豆(茨城のすごい総菜)」「しょうゆ」「焼き海苔」「雑煮」で頂きましたよ。

お雑煮って地方によって色んな特徴があって面白いね。
馬場はもっぱら醤油の効いた汁が好き。具もしっかり鶏肉、大根、人参、ほうれん草、かまぼこをしっかり入れたお腹いっぱいになるやつ。
おれのお友達アンケートによると、醤油も白醤油とか薄口とか使ってお肉も入れない、いわゆる「すまし汁」的なもので食べる人が多数だね。
関西の人で白みその人も数人かな。

んでなによりそぼろ納豆が激ウマで最高だったね。
切り干し大根と納豆のタッグ。歯ごたえ良し。香り良し。納豆に大根の塩味が丁度いい。
そこに大根おろしも一緒に。。。。。

うんまぁぁい!

ですな。



ひとしきり餅を楽しんでから書き初め。
新年の気持ちを皆にしたためてもらったよ。



IMG_2349.jpg


IMG_2347.jpg


IMG_2346.jpg


IMG_2350.jpg


IMG_2362.jpg

関係者な方々はこのように晒しますね!
その決意を胸に今年もふぁいとー


んでお酒なぞを飲みつつ、ギター出して椎名ちゃんに歌ってもらったり、おれも歌ったり、えりちゃんも歌ったな笑!
ギターも弾いていた笑
Emが弾けるっていうからお願いして弾いてもらって拍手!みたいな笑
親戚の集まりみたいなノリで平和だったよ。その後Amも習得してた。これで長渕は出来そうだ。

他にもドレミファソラシドが弾けるぜってやつが弾いては拍手、それを教えてもらって弾いて拍手、みたいな感じ笑
いいね、音楽とは人だね。ってこういう時思うよね〜


小学校でリコーダーを習った時、アニメの主題歌のサビのメロディを探して吹けて嬉しい。その感覚。とっても好きよ。
「好きだから」演奏してみたい。
「演奏できたから」よりその曲に思い出が出来る。からもっと好き。
その頃には作曲者、演奏者が意図しない想いでその曲を好きになる人が生まれるよね。
そうなったらもうその人にとってのその曲はその人だけのもの。すごく贅沢なものになってる。
それが人のすごさ、音楽のすごさ。ってこともあるんだなとね。

好きな人に教えてもらった「この曲すごくいいから聞いてみて」ってやつ。
それってさ、どんな曲でもすごく大事でさ。一杯聞いちゃうんだよね。実際。
おれ作曲者だけど、そういう風に音楽と付き合っていくのがスゴく健全だと思うのよ。
音楽だけで全てにはならないし、言葉で音楽の代弁はできない。
その人の替わりもいないし、自分も他にはいない。
全部込み込みで音楽って素敵なものじゃんよ、と。
「音楽」が1番じゃなくて「人」が「音楽」といるから大好きだと思える、そんな気がしてるよ。

いっつもそんなピュアッピュアな感じで「人」や「音楽」を捉えられるような鋼のメンタルではないけど、今のところ、そう思っていたいと思えるだけの考えだなと思うのよ。


ま、それにプラスしておれは音楽というツールで人の気持ちを動かしたいとも思うからいい曲書きたいとか、演奏上手くなりたいとか色々考える訳だけど、それはまた別のお話。

おれの曲は生活のBGMになりたいと思ってんのよね。
慎ましい言い方に聞こえるかも知れないけど、この言葉の意味を馬場的に解釈すると「よくもまぁたいそうな事を言うもんだな笑」とも思う笑
しかしまぁ思っちゃったもんはしゃーない。命の限りやれることはやりますわ。

リコーダーで吹いてみたくなる音楽。
吹けたら嬉しい音楽。
その曲はなんなら忘れちゃってもいいから、吹けた時の「うっわ笑!」って感覚。
これを日々見つけ、感じられるような生き方って素敵だと思うんだな。
音楽に限ったことじゃないけど、そういうものが生きる事に少しかもしれないけど、何かしらのパワーを与えるんじゃ無いかなー
「何かを成したい!」その力の根っこの根っこは、こんな根拠の無いささやかな喜びや発見、予感のようなもんの塊ではなかろうか、と。だからこそ「何かを成したい!」って大げさな想いなんてなくとも、そういう喜びのようなものをひとつひとつ丁寧に見つけてあげる事ってすごく大事な気もする。
っとまぁ、考える夜もありますな。






IMG_2366.jpg

バァァァァーーーーーンッ!!!!

それでもやっぱり業が深いね、歌うまくなりたいね笑


明日はシェルターでライブでやんす。
新曲ガシガシやってくよ!
是非見に来て頂戴ね!

へい

馬場です。

iPhone4sの動きがあまりにも亀野郎なんで機種変更してきました、5sへ。

無駄に無料通話の時間が長いプランだったのがLTEの安いになって、外し忘れてた指定通話無料を外して料金的にも前よりすっきり。
テザリングできるようになったし、留守電が端末に保存されるようになったし(無料でいいとおもうんだけどな〜)、LTEで体感スゴく早いし、概ね満足度は高めです。

バッテリーの持ちはどうなんかね?それと結構端末自体の重さが軽くなったから落っことしそうで怖いね〜
ま、でも携帯端末にそこまで機能を求めてないから変なトコなければそれでおk。

あ、「携帯端末」で思い出したけどさ。
「スマートフォン」って携帯電話だよね?おれはそう思ってるんだけどさ。
んで「ガラケー(フィーチャーフォン?)」も携帯電話だよね?

たまに「あなたスマートフォン使ってる?それともケータイ?」って話を聞く事があるんだけど、その度に「スマートフォンもケータイじゃね?」って思うんだけどどうなのかしら?
「ケータイ」=「ガラケー(フィーチャーフォン?)」ってことなんだろうけどさ。
紛らわしいのでちょっと誰か決めて下さい。

「携帯電話(もしくはケータイ))」=「スマートフォン」+「ガラケー(フィーチャーフォン?)」
がいいです。





ところで、おれ怪我したみたいで足が痛いです。
足の甲の小指よりらへんから、臑の外側に繋がってる感じの筋が痛い。
ぶつけたりとか何もないのに、歩くのもちょっと面倒になるような感じでかなりうっとおしい。

そんなわけで病院にいってみたのよ。

受付で太ったおじさんに「初めての人は保険証を出して」と言われて渡したら。
「この保険証だと『原因のはっきりした外傷』だけ保険適用になりますけどいいですか?」
って聞かれたのよ。
ん?なんだか意味がわからん。

『原因のはっきり』した『外傷』??

おれの足は痛い。原因はよくわからん。考えられるのは前日よく歩いたくらい。夜のうちは痛くなかったけど朝起きたら痛かった。
外傷の指すところも専門的にどっからどこまでなのかわからん。足の甲から臑らへんが痛い。傷は無い。
ってことを伝えたら。

「いや、原因のはっきりした外傷じゃないと保険効かないんですよ。決まりなんですよね」

と言う。
いや、だから、その『原因のはっきりした外傷』ってやつにおれはあたるのかわかんねーのよ、と。

「いや、だから原因ははっきりしてますか?」

は?だから何度言わすんだよ。
おれの言っている事が「原因がはっきりしていること」になるのかならないのかの判断をしてくれよ、と。
決まりを決めたのはあなたじゃないけど、その決まりに基づいて行動、案内するのが勤めでしょうよ、と。

ちょっとさすがにこんな所で診察されるのは恐怖だったので「じゃあ結構です」と言って出ちゃった。
なんだかこういうのはくたびれるなーと思ったんだよねぇ。
おれの無知に多少の非があるかもしれないけどさ、会話になってないんですよ。
少なくとも人とのコミュニケーションに頭を悩ます(と思われる)職業の人の対応とは思えないので、悲しい気分になりました。
お昼ご飯前で診察したくなかったのかな?
はいよ、ごめんなさいね。
不貞腐れて結局病院に行かず笑
ゆっくり歩いてます笑
走ったりする事もないしね。今んとこ日常生活に支障を来すレベルではございませんので、ご安心を。





そんな中で「かぐや姫の物語」見てきました。
これがえらい素敵なアニメーションで心がぐちゅぐちゅに熟れました。
声優さんも素晴らしい演技が多かったと思う。
ほのぼのとした鉛筆や水彩の画に比べて、めちゃめちゃ精巧で大胆でかっこいい動き。すごい。
デフォルメも可愛くしてて、ついつい顔がほころんじゃうけど緻密で鬼気迫る生々しい演出が差し込まれてハッとさせられる。
かっこよかったなぁ〜。

地井武男、最高。

ラジオで伊集院光も声で出演してるって聞いてたけど、どの役か分からなかったな〜。
特徴調ある声なんだけどな。

ああいう声のお仕事ってあこがれちゃうよね。
アニメの声優、ナレーション、ラジオのDJ。かっこいい。
家でナショジオ的な動画のナレーションに勝手にユニゾンしてすごくたのしくなっちゃう馬場です。








あ、そうそう。
うちのギターのゆうすけさんにおすすめしてもらった「粘膜人間」っていうホラー小説読みました。
11歳の少年が「身長195センチ、体重105キロ」という描写があった時堪えきれず爆笑してしまいました。
すごいテンポで進むお話でスカッとしたい人にはオススメですよ。
あ、でも結構痛そうな表現とかグロテスクな表現もあるから、そういうのが苦手な人には厳しいかな〜。

引き続き活字の冬は続きます。
次は職場のおばちゃんに借りた小説。だったんだけど職場に置いて帰ってきちゃった。やれやれ。

オススメの読書スポットは「大きい霊園」です。
都内お寺散策も今年はやろうかなと思います。


ほなまた。


*日常9巻はやっぱし楽しかったです。
高校生になった博士が出てきてびっくり。
一気に時が進む描写があると最終巻が近いような気がしてきてちょっと寂しいです。
ダブルチーズバー子の登場に胸が躍りました。

回転寿し

Category : sateto

うい

馬場さ

回転寿しに行ってきましたよ。
渋谷の回転寿し。近所にある美登利寿司の回転寿しの店舗ね。

前回も話していた「レジャー感」を十分に満喫出来たな〜。
なんか、色々回ってた。
唐揚げあったし、フライドポテトあったし、みかんも回ってた。
一緒に行った奴に「おい!みかん来たぜ!取る?どうする?!www」とかさ。すっげー楽しい。
んであの有名な机にお湯が出る蛇口見たいのがあって、粉末のお茶をとかすやつ!
あれもやった。
「すっげー粉っぽいwww」つってスゴい楽しい。

通常の回転のレーンの他にテーブル席用に別レーンで新幹線も回ってた。すっごい早い。
かっこいい。

ネタもオーソドックスな物ももちろんあるしカリフォルニアロールとかツナマヨサラダとか変な奴もあって楽しい。ついつい「いっちゃう?」ってテンションになるよね〜
値段も全然高くないし、そもそも「旨い!」って思いたいみたいな気持ちが薄い状態だから手が伸びる。
食ってみて「いや〜、そりゃ旨いわけないかwww」ってのもイイ。

でも大きな誤算もあってなー
おれわさびダメなんだよね笑
だから机にある注文用の紙に食べたいもの書いて板前さんに渡すのよ(板前さんつってもご飯の固まりの上に生魚を乗せるだけの簡単なお仕事です。たぶん)。
そしたらちょっとして「お待ち!」つって手渡される。
最初はそれで普通に食ってたんだけど、じきに気付いちゃうよね「これじゃ普通の寿司屋じゃね?」って。
そこから回ってるのも取ってみたり。

友人のプロポーズ話を肴にお酒も飲みつつ、レジャーな食事をして、楽しかったなぁ〜
最高の晩餐は最高のパートナーとの食事ですな。

あ、そうそう。その友人と最後の晩餐に何を食べたいかって話で盛り上がったんだよね。
そいつは「寿司」。
おれは結構悩んで全然出て来ないのよ。
そしたら「おれの彼女はおばあちゃんの作ったハンバーグだって言ってた」っていうのよ。
んで、あ〜なるほどねぇと思っていたらやつが「でもそういうのずるくね?」って言い出してね笑
氏曰く「なんか確かにそりゃ唯一無二だし、めっちゃ旨いのはわかるけどさ。こういう話のときそれを言うのはちょっとあざとくね?」と。

何か分かるわ〜〜笑
いや、その彼女の言いたい事は分かるんだけどさ笑
そういうんじゃねぇんだよ、と。

と言うわけで上記のおれの発言も例に習って非常にあざといね笑
いや、嘘なんてついてないけどね笑
もちろんその彼女も!


結果的におれの最後の晩餐は「漁師さんについて船で沖合に出て、そのとき釣れた瞬間のカツオをそのままタタキにして食べる」でした。
そっから非常に死ぬまでに手間がかかるけど、ま、最後の晩餐なんでね、そこは許して頂きたいなと。



話は変わって方言のお話。
この前茨城の方言についての話を聞きまして。
これがまた結構難解でおもしろかった。

ひとつおれの分からなそうな方言を言ってもらって、その意味や用法をおれが当てるゲーム。
これがね、まぁわからんのよ。

「たごます」

ってのが問題。

ここで色々考えるわけ。
「手繰る」が転じて出来たパターンか?!とか
「ます」は「増す」か?!とか想像したり。

質問もするのよ。
「おれってたごまってる?」と。
氏曰く「いや馬場はたごまってないし、人はたごまらない。でも馬場はあまりたごまさない派だと思う。自分はよくたごます派。」

さっぱりわからん。

みたいなやり取りを繰り返して当てるのよ。
結果は「なんかマフラーとか服とかをピタッ!とかシャキっ!と着ないで、なんかこうフワッと軽く余らせたりクシャッとさせたりする行為やその状態」だとさ。


なにそれ〜〜!!!笑
ってなるよね笑
そんな言葉が存在するのですよ。
なんかそこで思ったけどさ。
「訳せない言葉」ってこれじゃんね。
例えば「午前中にふざけてはさみで爪を切っていたら間違えて深爪しちゃった」っていう意味の言葉って多分日本語に無いと思うんだけど、その土地の文化によってはそういう言葉が生まれる事もあるんだよね、きっと。
「午前中にふざけてはさみで爪を切っていたら間違えて深爪しちゃった」っていう状態を「スッポポ」っていう土地があればさ、

A「イテテテ」
B「どうしたの?」
A「昨日スッポポ〜」
B「まじかよ〜」

ってなるわけでさ。
日本語だと「昨日の午前中にふざけてはさみで爪を切っていたら間違えて深爪しちゃってさ〜」になるのに。

逆ならさ。
「I got up so early this morning」みたいな英語が「今朝早起きした」みたいにさ。
「今朝」は一語でイケるけど「this morning」は2つでしょーよ。説明しなきゃいけないのよ。
「早起き」もなんかそんな感じ。
おれは言語学みたいなものは全く分からないけど、こういう事をもっともっとめちゃめちゃ深めて学問としていっている人たちがこの世にいるわけでしょ、たぶん。
いやはや、恐れ入るね。

今の自分の感覚や境遇、文化も「そんなものがあるとは全く想像した事がなかった」と思う人もいるって訳で。まじ世界はんぱねーって感じでちゅーす!

「あんまそういうことばっか考えてると生きづらいよ」と助言を頂き「生き易さを基準に判断してませんので」と無駄に噛み付いてみて反省している馬場でした。



んじゃみんなスッポポらないで健康な午後をお過ごし下さいませ。

カパンカパン キタ ビサ ブルトゥム ラギ ヤ〜〜!
プロフィール

sateto

Author:sateto


やっほー!!
satetoなんつってますけど馬場です!!
かっこつけてごめんなさい!!ww
音楽のこと、ご飯のこと、マンガやアニメ、小説、映画色々書いていきます!
弾き語りもやります~~~
サポートやコラボの依頼なんかも待ってます!!

*sateto名義での活動*

satetoのsoundcloud

satetoの朗読(ニコニコ動画へ)


どうぞよろしくおねがいします~~!!



twitter:babanomanimani
facebook:sateto88

最新記事
最新コメント
カテゴリ
リンク

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。