上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ほい!
馬場です。

この前丹沢の大山ってとこに山登り行ってきました。
小田急線で秦野って駅まで行ってそこからバスでヤビツ峠の登山口まで行き、そこから登山開始ってな具合。

の予定だったんだけど、秦野のバス停でビックリ。バスがヤビツまで行かないで蓑毛までしか行かない。路面凍結でって。
そこでちょろっと調べて蓑毛からヤビツまでは40分程で歩けると判明したので歩いてみる事に。

この日はいたって晴天。前回奥高尾を登った時は雪も軽く降ってたり、50センチくらい積もってたりだったからかなり快適な山歩き。

IMG_1227_20130228201705.jpg

キレイだねぇ。

蓑毛のバス停を降りたらすぐ脇にこんな道が山の方へ続いてます。

IMG_1221.jpg

まだアスファルトだけどすぐに土の地面に変わったよ。
5分も歩けばこんな感じ。山登りというより林道を散歩している感じ。
雄大な景色とはほど遠いけど、こういう風景もとても気持ちよいですなぁ。

IMG_1224.jpg

IMG_1229.jpg


花粉症の人には画像だけでも辛いかな?ww

IMG_1223.jpg

穏やかな沢も良い感じ。

でももう10分も歩くと山歩きらしいワイルドな道へ入って行く。

IMG_1231.jpg

IMG_1230.jpg

やはり山なので結構寒い。
ちょとわかりずらいけど霜柱です。

IMG_1235.jpg

ちょっと触ると簡単にハラリと崩れます。

IMG_1236.jpg

この頃が大体朝の9時前。
少しずつ暖かくなってきてるので雪や氷が少しずつ溶け始めて、山の色んな所からパキパキとか、ズズズ、、とか様々な音がします。
1人で歩いてても案外賑やかなもん。

人が歩かないような道だから、色々そのまんまな感じ。

IMG_1238.jpg

落とし物は大きい。

そしてヤビツに到着。

IMG_1240.jpg


ここから2時間弱程かけて大山山頂へと向かった。
地元の小学生とかも遠足で使うような有名な山なので道はしっかりしていて、自然道は少なくて木の階段も多かった。しかしここを小学校低学年で登るのはなかなか骨が折れるんじゃないかなぁ。子供も引率も。
登るペースごとに2、3グループに別れたりしてね。月齢の遅い子とかはゆっくり登るグループになってね。女と一緒にのぼんのかよー!とかからかわれたりしてね。ちびっ子社会のピラミッド構造はしっかりしてますな。


IMG_1241.jpg

このへんからしっかり雪が残ってる様子。
しかし陣馬山で50センチの積雪を登り狂ったおれの敵ではぬぁい。
山頂手前には鳥居。

はぁはぁ言いながら登ってたけど妙に神妙な気持ちになるもんだ。
お辞儀をして先に進む。

IMG_1253.jpg

顔も知らぬ誰かからの応援も何となく悪い気はしない。

IMG_1248.jpg

ま、売店閉まってたけどねww


そして山頂。

IMG_1255.jpg

読みづらい石盤!

IMG_1254.jpg

ちょっとガスは出てたけどなかなかの眺めだった!
爽快。
ここで早めのスーパーランチ「にぎりめし」を一個食べてから、次は遠回りしておりて見晴し台へと向かう。

IMG_1258.jpg

まさに行きはよいよい、帰りは怖い。
雪の踏み固められた道の下りはとても怖い。

IMG_1260.jpg

しかもこの山は人がたくさん登るから山頂から少し下るともう溶けてグチャグチャ。
足を踏ん張って下るもんだから膝がカクカクしてくる。
登ってくるじーさんばーさんと会釈ですれ違いながら大山ケーブルカー駅の方へ下山して行く。
この山は本当に階段が多い。

IMG_1262.jpg

見晴し台から見た山頂の姿。
あそこから降りてきたのかぁと考えながら一休み。

IMG_1283.jpg


途中の見晴し台は山頂に比べたらいい景色ではなかったので軽くスルー。
でもヒルの看板が可愛かったので撮影。

IMG_1268.jpg

「踏みつけてもまったく効き目がありません」

怖いよー

そしてふもと近くの阿夫利神社に到着。

IMG_1271.jpg

1人で登っているとこんな看板も嬉しい。
んでその阿夫利神社(アフリジンジャね)

IMG_1282.jpg

かっこいい面構えしてますな。
そしてさらにかっこいいやつ。

IMG_1281.jpg

その筋肉自慢っぷりはwwwwはんぱない。
そして本堂の下に色々展示されてたものの中に意外なものも発見。

IMG_1272.jpg

「さざれ石」
あれあれ。
国歌のやつ。君が代の。「さざれ石の巌となりて」のさざれ石。
へーっと。
ちっさい石が合体して出来た岩らしいぞ。すごいぞ石!
岐阜の特産品らしいっすw


阿夫利神社を堪能して、そっからさらにふもとのバス停目指して下山。
男坂というルートで降りたんだけどこりゃ地獄ね。
石の急な階段をただひたすら淀みなく25分程降り続ける恐怖。
怖いし膝も笑うしでくたびれたー。
登りでこのルート使わなくて良かったよー

男坂を降り切るとお店も出てくるし、バス停の近くになると商店街すら現れてくる。

変な店。

IMG_1276.jpg

わーってるよ!って感じです。



って感じでバス停まで来ましてちょうど良く来てたバスに飛び乗り、大山を後にしたよ。
そっから伊勢原の駅まで30分ほどバスに揺られて到着。
小田急線でズアッと帰ったとさ。

家から秦野まで1時間ちょっとで行けちゃう距離で登山している時間は5時間くらい。
帰りのバス&電車も1時間ちょっと。トータルで8時間弱。
朝6時に家をでて14時頃には帰宅している感じ。
おれには丁度よい感じ。

この後銀座行って靴の試着して、秋葉原行ってケーブルを何本か試し買いして、夜はWARPで遊んでました。
14時に家に帰るとまだまだなんでも出来る気になっちゃて、なんだかやり過ぎちゃったみたい。
クソ程疲れたよ。

今回の登山で気付いたけど。おれは山が特別好きな訳じゃないなーて。
おれは歩くのが好きみたい。
だから山があると非常に助かる。スタートとゴールを決めやすいもんね。
次回は山じゃない何かハイキング的なものをしようかと思ってる。
ひたすら中央線沿い行けるとこまで行く、とかね。
尾瀬もいいけど、行くなら泊まりがいいし飯も美味しいのがいいなぁ。

みんなのオススメ登山・ハイキングコースあったら教えてちょ。

ほんだら今日はこの辺で。
ばいなら。

スポンサーサイト
プロフィール

sateto

Author:sateto


やっほー!!
satetoなんつってますけど馬場です!!
かっこつけてごめんなさい!!ww
音楽のこと、ご飯のこと、マンガやアニメ、小説、映画色々書いていきます!
弾き語りもやります~~~
サポートやコラボの依頼なんかも待ってます!!

*sateto名義での活動*

satetoのsoundcloud

satetoの朗読(ニコニコ動画へ)


どうぞよろしくおねがいします~~!!



twitter:babanomanimani
facebook:sateto88

最新記事
最新コメント
カテゴリ
リンク

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。